二日酔いの原因

二日酔いの原因

酒を飲んでいる時はともかく、その後の体調不良が気になる、という人も多いのではないでしょうか。特に気になるのは翌日の「二日酔い」です。

 

一般的には二日酔いといえば、「お酒を飲んだ翌日に具合が悪くなる」と漠然と考えているかもしれませんが、実は二日酔いになる原因というのは様々なものがあります。たとえば同じ量のアルコールを飲んでも次の日問題ないという場合もあれば逆に二日酔いになる、という場合があるのではないでしょうか。そこで、今回は二日酔いになる原因について紹介します。

 

二日酔いの症状とその原因

 

二日酔いの症状は、その人によって様々ですが、そもそも二日酔いの症状というのは、その原因によって異なります。

 

たとえばアルコールには血管を膨張させる物質が含まれていますが、これを大量に摂取した場合というのは、二日酔い特有の「ズキズキとした頭痛」の原因となります。

 

また、アルコールの分解には水分が多く使われますがここで水分がたくさん失われると吐き気や体のだるさといった症状の原因となります。このように、二日酔いというのは前日に飲んだお酒の量とともにその種類によって症状に差が出てくるものなのです。

 

二日酔いの原因となる物質

 

アルコールにはもともと含まれている物質の中に体調不良を引き起こす原因となるものが含まれています。
たとえばアセトアルデヒドやアデノシンといった物質がその代表的なものですが、これらの物質が代謝されずに体の中に残ると二日酔いの症状が出ます。

 

中でもアセトアルデヒドは、肝臓がアルコールを分解するうえで発生するものなので、二日酔いの症状が収まるには肝臓が解毒をするのを待つ以外に方法はありません。

 

たとえば「お酒に強い人」というのは、体質的にアセトアルデヒドの分解酵素を多く持っている人といえます。
逆に「お酒に弱い人」の場合はこの酵素をほとんど持っていない人です。さらに、メタノールがたくさん含まれたお酒の場合は肝臓で処理をするための時間がかかりますので翌日に二日酔いになりやすくなります。

 

胃酸過多による原因

 

アルコールを飲むと胃酸が過剰に分泌されます。そのため、胃が荒れて吐き気や食欲減退といった原因になる他、下痢といった症状が出てきます。こうした症状の場合には胃酸を抑えることを目的とした薬も市販されていますので、症状によっては市販薬を利用するのもひとつの方法です。