肝臓に良い食べ物:しじみ編

肝臓に良い食べ物:しじみ編

しじみには、アルコールに対して有効な働きがあるという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。タウリンやタンパク質、メオニチン、ビタミンB群や鉄分などがしじみには含まれていますので、肝臓にとって優しい食べ物といえます。

 

その中でもタウリンは、硫黄を含んだアミノ酸の一種であり、肝臓の働きを助ける成分として有名です。タウリンの働きは胆汁の排出を活性化させるとともに、肝臓の解毒作用をサポートしてくれるというものです。

 

この他、アラニンやグルタミンなどといったアミノ酸がアルコールの代謝を助けます。こうした代謝には体内の酵素が大きく関係していますが、その酵素の働きを活性化させる働きが体に有効といえます。

 

タウリン以外の成分としてはメオニチンが肝臓の働きをサポートする成分であるとともに、タンパク質が肝臓の修復や再生を行います。また、ビタミンB群は体内の脂肪代謝を活性化し、脂肪肝が進行するのを防いでくれます。鉄分は免疫力の強化や造血作用などがあります。

 

このように、しじみには肝臓の働きに役立つ様々な効果があります。それだけにアルコールを飲んだ翌日にしじみの味噌汁などを飲む人が多いのですが、これも味噌に含まれるコリンが摂取できるという意味で有効なことのひとつです。コリンは肝臓に残ったアルコールが脂肪となることを防ぐ働きをしてくれますので、脂肪肝の予防に効果的です。

 

しじみには肝臓への有効な働きだけでなく様々な働きをしています。たとえば体内のコレステロールの増加を防ぐことで肥満を防ぐなどがそのひとつです。また、新陳代謝を活性化させることでコラーゲンの働きをサポートし、成長ホルモンを促進するといった働きもあります。健康だけでなく美容面においても効果的な食べ物がしじみなのです。