肝臓に良いサプリランキング@おすすめはどれ?

肝臓に良いサプリはどんなの?

肝臓は私たち人間にとってなくてはならない大切な臓器。それだけに働きが低下すると実に様々な症状を引き起こしたり、健康診断の数値にも異常があらわれます。肝臓が酷く壊してしまうと回復が難しいだけに日頃から肝臓ケアに良い成分を補給しましょう。

 

肝機能をサポートする成分として、
  • スルフォラファン
  • 牡蠣エキス
  • しじみエキス

 

などが効果的なものになります。当サイトはこれら有効成分を含むサプリを厳選し掲載していますのでどうぞ参考にしてください。

 

カゴメ スルフォラファンの特徴

カゴメ スルフォラファンは、名前の通りスルフォラファンを配合したサプリメントになります。スルフォラファンは、ブロッコリースプラウトに多く含まれる成分であり、肝心要の毎日をサポートします。カゴメのスルフォラファンは1日分に最適量の30mgを含有しています。今なら当サイトより半額購入が可能です。

価格 2314円
評価 評価5
備考 スルフォラファン30mg

 

レバリズム-Lの特徴

レバリズム-Lは、肝臓に良い厳選成分を凝縮したサプリメントになります。国産のしじみ・牡蠣・スクワレンから摂れたエキスをギュッと詰め込み、さらに、シスチン・ビタミンE・ビタミンB2などのアミノ酸、ビタミンなども含まれます。妥協しない配合成分へのこだわりが圧倒的な実感力、違いを生んでいます。現在、数値撲滅キャンペーンとして当サイトよりモニター価格での購入が可能です。

価格 980円
評価 評価4.5
備考 牡蠣・しじみ・スクワレン・シスチン・ビタミンB2・ビタミンE

 

肝パワーEプラスの特徴

肝パワーは、発売以来20年にわたり売れ続ける人気の肝臓サプリメントになります。肝臓サポートに徹するタウリン・オルニチンはもちろん、亜鉛やアリシン、クエン酸などの健康成分も豊富!さらにビタミン群も含まれ調子を整えるのにも役立ちます。肝数値が気になり始めた、年齢に負けたくない、お酒を楽しみたい、そんな方におすすめです。

価格 980円
評価 評価4
備考 牡蠣・にんにく・梅エキス!
肝パワーEプラスの総評

今ならお試し5日分が980円で購入できます!毎月100名様限定キャンペーンになります。

 

肝臓に効果的なオルニチンを摂れ!

 

 

一日にどれくらいのオルニチンを摂取するようにしたほうがいいのでしょうか?厚生労働省いわく、400mgから1000mg程度のオルニチンを摂取するのが望ましいとされています。ですが、これだけの量のオルニチンを食材から摂取するのはかなり大変です。

 

例えば、しじみはオルニチンを含んでいる食べ物の中でも特に含有量が多いのですが、35食べてもオルニチンは10.7〜15.3mgほどしか摂取することが出来ないのです。このことから、一日の必要摂取量のオルニチンを摂取しようと思ったら、しじみを1400個も食べなくてはならないということになるのですから現実的ではありません。食事から必要な栄養素を摂取するようにするのがベストなのですが、食事で必要摂取量のオルニチンを摂取するのはまず無理なのです。

 

オルニチンはサプリからの補給がベスト!

 

そこで役立つのがサプリです。食事でもオルニチンを摂取することが難しいのであれば、不足している分をサプリから補給するようにしましょう。

 

オルニチンを十分に摂取することによって、肝臓の働きも高くなりやすいですし、疲労を感じにくくなったり、美容効果、デトックス効果などを得ることが出来るようになるといわれています。ですから、普段から可能な限りオルニチンを摂取するようにしたほうが良いのです。

 

ただ、いくら食事やサプリからオルニチンを摂取してもすぐに効果が現れるわけではありません。数ヶ月は最低でも続けるようにすることで、少しずつ肝機能などを高めることが出来るようになることは忘れないようにしてくださいね。

 

しじみに含まれる天然のオルニチンが摂れる!

国産の厳選素材のエキスを凝縮した肝臓サプリはこちら

 

こんな症状を感じたら肝臓の調子が悪いかも?

 

肝臓は別名「沈黙の臓器」とも呼ばれており、何らかの病気が見つかった時には既に手遅れという場合がほとんどです。そこで、肝臓からのSOSサインを見逃さないことが大切です。

 

まず、肝臓の調子が低下すると起こる症状としては主に以下の様なものが挙げられます。

 

・右腹部の不調
・生理不順
・腹部の張り
・爪の白化
・いびつな爪の生え方や縦線
・食欲の不振
・吐き気
・疲労感
・お酒に弱くなる
・体の痒み
・寒気や発熱

 

こうしたものが主な症状となりますが、さらに肝臓病が進行すると以下のような症状が出ます。

 

・男性なのに女性のような乳房ができる
・白っぽい便が出る
・茶色い尿が出る
・目の白目部分が黄色くなる
・手のひらが赤くなる
・赤い斑点が体にできる

 

こうした症状については、必ずしも肝臓病が原因というわけではありませんが、もしも気になるようであれば早い段階で病院に相談してみると良いでしょう。

 

次に、肝臓を健康な状態に保つためにはできるだけストレスの少ない生活を過ごすことが大切です。同時に食生活についても気をつけたいところです。

 

肝臓の不調改善は食事の見直しから!

 

食事は和食を中心としたもので3食バランスの良い食事を心がけるとともに食べ過ぎないようにすること、そしてタウリンやビタミン類が不足しないようにしましょう

 

特にお酒の飲み過ぎや脂肪分の多い食事は肝臓への負担も大きくなります。こうした食事をしているのであれば改善することが望ましいといえるでしょう。

 

最近では肝臓の調子を整えるためのサプリも多数開発されています。食生活の改善とともにこうしたサプリを摂取することも肝臓の健康という意味では有効な方法といえます。

 

ビタミンE・B1・B2・B6も詰まった栄養機能食品

肝臓に良いエキスに加えビタミンも入った肝臓サプリはこちら

 

脂肪肝にならないための生活習慣

 

脂肪肝だと診断されたとしても、普段の生活をちょっと見直すだけで、脂肪肝を改善させることも可能です。脂肪肝の状態が芳しくないのであれば、病院で適切な治療をしてもらわなくてはなりません。そうなるまえに、生活習慣を改善させるようにすることが出来れば、脂肪肝の進行を防ぎ、良くしていくことも可能です。

 

カロリーに注意を払う

 

普段、糖分が多いものや脂分が多いものを食べている場合、コレステロールがそれだけ高くなってしまい、体の中に脂肪が蓄積されてしまいます。体だけではなく、肝臓にも脂肪が蓄積されてしまい、最終的に脂肪肝になります。

 

そうならないようにするためにも、普段食べている食事のカロリーについても注意をしなくてはなりません。普段から低カロリーの食事をするようにしていき、脂肪がたまりにくくなるようにしましょう。肥満になっている人や、高血圧になっている場合、コレステロールもそれだけ溜まってしまっているでしょうから、なおさら低カロリーの食事を心がけてください。

 

適度に体を動かす

 

脂肪が肝臓に蓄積されている場合も、運動をして脂肪燃焼させるようにしたいところです。肝臓に脂肪が溜まっているのであれば、体質的に見て太りやすいということになります。ですから、適度に運動をするようにして、筋肉を鍛えて、脂肪が燃焼しやすい体質にしていくことが大切なのです。また、定期的に運動をすることで、新陳代謝も高くなり、痩せやすい体になっていきますから、脂肪肝対策として適しています。

 

ジュースやコーヒーではなく水を飲む

 

コーヒーというのはカフェインが含まれていますし、ジュースというのは糖分が多いです。ですので脂肪になりやすくなってしまいますので、水を飲むようにしてみてください。

 

一日に何度かに分けて、合計1リットルから2リットルほど、水を飲むようにすれば、体の中の毒素や老廃物も排出しやすくなりますので、ダイエットをしたい人やむくみやすい人にも適しています。

 

脂肪肝の予防・対策に!肝臓に良いサプリはこちら

更新履歴